2006年8月 8日 (火)

ファニーペッツ。

週の真ん中、気怠い水曜日。
22:54…衝撃を覚えました。

KBS京都、やってくれるぜ。

ファニーペッツ再放送中。

Funny2_1


ツヤッとした繊細な感じのCGアニメーションが流れる6分間。
パステルカラーで繰り広げられる、残酷シーン。

物語の発端はこうだ。
キモかわいい宇宙人「クレセント(月)」と「コロナ(太陽)」の乗っていたUFOが地球に墜落する。
宇宙人2人は、セクシーキュートでわがままな女の子の「ファニー」に拾われ、
ペットとして暮らすことになる…という
シュールな世界観のドタバタゆるゆるコメディー。

何がなんだかわからないまま、
惹きこまれてしまった。

1話1話がぶっ飛んでる。

毒リンゴを食べて、庭で死んでいるのに
誰にも気づかれず、幽霊になって後悔している
とかいう重いストーリーが、かる〜いノリで進む。

それに歯茎まできっちり立体的なのに
しゃべらないのがいい。

特にファニーの声優は井川遥で
「んっ…」とか「ん〜」とかしか
言わない。セクシー。

ファニーペッツは
メルボルン国際映画祭 2006に招待されたとか。

こんなナイスなアニメーションを届けてくれた
KBS京都、恐るべし。

大体、地方放送は時々とんでもないことをする。
「岩田呉服店」のCMなんか本当に恐ろしい。
洗脳系電波出しまくり。

KBS京都は京都のKGBだと言っても過言ではない。

水曜日の22:54が待ち遠しい。

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)