2006年8月19日 (土)

パイレーツとパイレーツオブカリビアン。

残暑お見舞い申し上げます。yoshyです。
最近パイレーツオブカリビアン デッドマンズ・チェストを見に行った話をよくきく。
オクトバスのお化けが意外にリアルで必見!らしい。

そんな話の中ふと思ったのが、
「パイレーツオブカリビアン」ってタイトルを
みんな略さない。こんな長いのに略さない。

字で書くと「世界の中心で愛を叫ぶ」くらい長い。
この場合は「セカチュー」と略す。
なにそれポケモン?とその当時は思ったものだ。

「ハリーポッター」という短いタイトルでも「ハリポタ」。
おばあちゃんのぽたぽた焼きのようだ。

なのに「パイレーツオブカリビアン」は略さない。

なぜか、

パイレーツ=巨乳

のイメージが日本人の潜在意識にあるからだ!

「だっちゅ〜の。」

の余韻がまだ脳裏に焼き付いている!
ああ、恐ろしき1998年流行語大賞!!

パイレーツは
ボキャブラ天国でブレイク。
その後、お昼の番組にも借り出され、
お茶の間の人気者になったパイレーツ。
なんと学研、5年の科学で採用されている。

う〜ん平和。

乳は平和の象徴。

いいことだ。

まーでも、「パイカリ」とは略せんだろうなぁ。

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)