« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

黒猫のだんご三兄弟。

yoshyです。

昨日はハナ金。
ハナキンデーターランドうふっ☆。
なんて口走りながら、
楽しくレッツワーキングエンジョイをしていた所、

yoshy母から、

「黒猫のタンゴの作曲者を調べ、早急に送ってください。」

とのミッションメールが届きました。

黒猫のタンゴというと、
あの、「黒猫のタンゴ♪タンゴ♪タンゴ♪
なんたらら〜♪にゃー。」

という子供が歌ってる童謡のようなやつです。

なんでその作者が知りたいのか理由は知らないが、、
早速wikiで調べた情報を送ってあげました。

ほう。
原題は『Volevo un gatto nero』(黒いネコがほしかった)
作曲はフランチェスコ・パガーノ。
イタリアの童謡コンテストで三位入賞と書いてあるから
パガーノさんはイタリア人っぽい。
原題の示すとおり、自分は黒ネコが欲しいと言ったのに友達がくれたのは白ネコだったという歌詞の内容らしい。

それを日本に持ってきて小森昭宏が編曲、
見尾田みずほが日本語の詞を付けて
1969年に宮川おさむが歌って大ヒット。
しかし、その頃日本にタンゴてジャンルは無かったらしい。
宮川さんは「タンゴ」がネコの名前だと思っていたそうだ。

へー。タンゴが無いってすげー。

思えば今の日本は何でもある。
新しいジャンルをまだ知らないから無いのかと勘違いしているのかは分からないが、
たいていのことはやりつくされてしまっていて、
CMソングなんて専らナツメロオンパレード。
新譜もナツメロぱくりオンパレード。
飽和状態なのであろう。

しかし、黒猫のタンゴはいい歌だと思う。

日本のほか、フィンランド、デンマーク、
韓国、台湾でもヒットしている。

世界中の人の琴線に触れるメロディーなんだなと思った。

補足トリビアは、、
----------------------------------
1999年4月7日に皆川おさむの楽曲が『だんご3兄弟』のカバーと黒ネコのタンゴ両A面シングルとしてシングルCDで発売され、オリコン最高40位を記録した。
----------------------------------

なんだか萎えた。

ハッ!もしや一番耳新しい「たらこ・たらこ・たらこ」もそれ絡み? と思い調べてみたら「ゲルニカ」の上野耕路だった。 レディオキャロラインのウエノコウジではない。 おしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

MADONNA!!!!!

MADONNAかっこいい。

ミーハーなyoshyはMADONNAかっこいいと思うわけです。
MADONNA来日となれば、ライブ行きてーと思うのが人情です。

ミーハー=流行好き

なんですが、実際私はそんな流行好きでもありません。
流行についていくのがおっくうだったり、
蛍光オレンジの流行のシャカパンで弁天町を歩いていたら
気がついたらシャカパンブームは去っていた、
なんてこと良くありました。

でもMADONNAはかっこいいよね。

親戚一同、韓流の渦に巻き込まれている
yoshy家の血は争えないぜ。

てなわけで、
今流行のSOUND INFO
『ワーナーミュージックが YouTube のビデオにライセンス認可』
という流行の記事に飛びついて、
流行のYOU TUBE
流行のMADONNAなんか検索しちゃったりして。
ブログに載せちゃった。

セクシーダイナマイツ!!

ダッダーン!ボヨヨンボヨヨン!

てゆーてる間に、流行は去ってんだろうな。。。

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月25日 (月)

ピカモがエルマガに載りました!

らんらんらん♪
今日は25日、給料日♪
そして、エルマガ発売日♪
yoshyは390円握りしめて本屋へ買いに走りましたよ!

Elmaga

あったーーーー!!!!!!
MUSICのコーナー!
107ページ PICK UP 08!

「ピカデリーアモナイト」!!!

80s回帰の潮流に乗る伝説SHOW!
だって。

アンディーのアップもバッチリ☆★☆

その隣は、ボロフェスタ06P-hour07のコーナー。

そうそう、京大西部講堂に来るP-hour07は必見!
なんせROVOだし。
大友良英だし。
Buffalo Daughterだし。
レッドクレイヲラだし。

ウヒヒ〜。

面子の見出しだけでお腹いっぱい。

2006年10月21日 (土) の
このイベントはピカモ事務局総出決定。
非番も関係無しよ!!15:00京大西部講堂集合!!
(一緒に行く人募集中です。)

108ページのLIVE SCHEDULEの
シャングリラ、イベントコーナーにも
写真2枚載ってる☆やったぁ〜。

その隣のNOONのイベント覧では
10/1(sun)DJ.山田がオーガナイザーを務める
LADY KILLER
山田/sun/PICA
の文字が飛び込んで来た。

すごいなぁ。山田。たいしたもんだ。
いや、本当によくやってるよ、うんうん。

なんて関心しちゃいましたけれど。
10/8ピカモも頑張らなきゃね!!

噛めば噛む程味が出る、
美味しい情報満載のエルマガジン、買いに行こう!



Lmagazine (エルマガジン) 2006年 11月号 [雑誌]


Lmagazine (エルマガジン)
2006年 11月号 [雑誌]

販売元:京阪神エルマガジン

Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

眠れる森の微笑。

こんにちわ。yoshyです。

ねむい。かなりねむい。
ここんとこずっとねむさが続いています。
肉体的なねむさなのか精神的ななねむさなのか。
手足があつい。

朝は化粧をせず事務所に出勤すると、
「ねむいの?」と聞かれました。
顔が薄いだけです。

それでなくても
「ねむそう。」とよく言われますが
顔が薄いだけです。

その心無い一言に
いちいち腹を立てていましたが、
世の中結構眠そうな顔の人がいるもんで、
「先にそいつに言えよな。」
と思ってしまいます。

John

ジョン・レノンなんて大概のカットが眠そうです。

そこで、「眠そうな芸能人」を募集しました。
そしたら沢山のお便りが寄せられました。
(ごく一部から。)

まず は、


Robert_3

ロバートミッチャム。

うん。かなり眠そうです。
「ミッチャム」て
名前がもう眠そう。
「食っちゃ寝」みたいで。
「ロバート食っちゃ寝」
こんなこと言ったら怒られますね。

Nicolas


ニコラスケイジ。

眠そうというより、ハゲそう、
ですね。

このphotoは眩しいだけじゃないでしょうか。(おでこが)

ああ、怒られますね。

はい次ぎ。


Keith

キースリチャード。
ローリングストーンズの人ですね。

寝てますね。

ライブ中でしょうか。
起きて!キース!
なんてゆわれちゃうんだろうな。


そしてそして、
おかき御推薦の

Takigawa


滝川クリステル。
このねむ顔は悩殺です。

リアリティがないんです、
きっと夢の世界の
出来事なんでしょう。
モノマネが流行りました。

と、眠そうな芸能人を挙げていきましたが
目が半開きなだけ、ってゆうパターンが多くて
いまいち中途半端に終ってしまいました。
太子橋今市。

眠そうな芸能人まだまだ募集です。
どしどし応募してください。

あーねむい。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

おかきです。投稿する。
日本一は墨田ユキで決まり!三白眼クイーン。
世界一はモンローで決まり!もちろんマリリン。

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

ラフレシアンコンプレックス。

9月11日サンホール。
行ってきましたマルタニカズ、ザレーベルラフレシアのオールスターライブ。
Welcome to Rafflesian Complex Vol.2!!

仕事終わりで駆けつけるとそこはブラジルでした。
扉を開けると静かに熱いマルタニ氏の唄がリバーブしてた。
汗かいて急いで来た僕にはまずビールよりありがたかったな。
男のボッサはイイ。
傍らにはゲストのカオリーニョさん。
サポートではなくマルタニ氏とニコイチで届いてきます。
両氏の歌声とギターに血のあるシナジーを感じた。
クールアップな気持ちにさせてくれたオープニング、
浪速ブラジルエキスプレス。浪速のカエターノ。

LESS THAN ZERO
(Vo)はナチュラリーのマスターですね。
見っけ。
近ごろの気持ちのいいだけ(外づら)のポップに気持ちの悪さを感じるからに
ポップの慢性炎症したはらわたから虫くだしし続けてちょー、
て感じさせてくれましたぜ。応援するっ!

続いてMCラムパンペイロ
L.T.Zをバックに男気のあるラップ。
1曲入魂でストレートに意志は伝わってきましたぞ。
俺はこれだっ、て決めた言葉が太いゴシック文字で溢れでてた
硬派なヒップホップ。
ステージ外ではジェントルな一面も見ちゃった。ありがと。

好きです。Aqui Kato。
風が吹きましたね。季節柄Aqui風。
いつまでも吹かれてたいべたつかない甘い風だ。
かわいいんですよ、Aquiさん。
曲もいい、最後の曲何?
初期松田聖子ミーツバリハイみたいなの。
今一番欲しい音源です。
(G)マルタニさん、やるじゃん(失敬)

すっぽんぽん'ズはずいぶんいかしてる。
ロックしないメグちゃん(Vo,B)と
八分目チョーキングのアミちゃん(G)
にロックの本来の衝動を感じた。血が騒ぐ。
新曲がまたいかしていかせてくれたね。
バンクマンボでパンボだ。
愛はすみっこで育つ、愛はさきっちょに宿る、
のナイスフレーズがこびりついて離れない離れ業のキャラですな。

Sppon_1


左から:

スッポンポンズ メグ

Aqui Kato アキ 

スッポンポンズ アミ

かわいい。


ブルーズバンドKing&the Heartbeats。
キングさん久しぶりに拝見しました。
スマイリービーツ以来ですかね。
毎回満身ソウルなはりのある唄に聞き入ってしまいます。
ディープでオープン、アルコール度数が高い音なので
知らぬ間に酔っばらてました。いいなぁ〜。

King_1

KING堀内。

MCもイカシてます。

ブルース!!
!!!!
!!!!
!!!!


Marutani_g

Marutani_v


さて、おおとりのマルタニカズ。
圧巻ですね。
じわじわテンションがくるんじゃなくて
のっけからきます。
音の足腰がしっかりしてるから
こちらで構えなくても純粋に揺れてくるな。
いろんな音楽の具がぶちこんでありますが
火加減がいいから栄養分が逃げない感じで
どんどんメニューがかわっていきます。
沸騰してもビックリ水は入れないテンション。
かっこいいです。あふれる熱い気泡が軽く国境越えてたね。
スパイスガールズ、メグ・アキもグ!ベリ具っ!

良かった!
初めて聴く見るがほとんどのザ・レーベル・ラフレシアなので
じっくり拝見と思ってましたが、だめだった。
ハイっちゃっいました。

さらに期待がふくらむ10/8。
みんなもさきっちょ、感じにきてくださいっ!

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月11日 (月)

DJ.山田のバーYAMADA屋。

うふ、事務局yoshyです。
その日、DJ.山田と事務局員はピカモの曲の打ち合わせのため、
DJ.山田のバーYAMADA屋にお邪魔させていただいたの。

先月の8月18日オープンという、フレッシュなYAMADA屋BAR。
しかし場所は、なかなかディープな堂山町。
BANANAホールの近くお好み焼き屋「ひろかずや」を曲がったところのビル「サンヨー会館2F」。
これまたディープな店ばっか入ってるのね。

それを横目にひぇ〜ひぇ〜と言いつつ階段を昇り、
YAMADA屋のドアを開けると、


ピッカー!
Yamada1

Yamada4_1座りごこち良さそうなシック黒のソファにめっちゃきれいな、バーカウンター!
ひ、広い!意外とオトナな雰囲気だわ。
せせこましい飲み屋の常連のおかきさんは、少々たじろぎながらカウンターに着席。

おかきさんはハイネケン。
(YAMADA屋のビールはハイネケンよ。)
yoshyはジンジャエールをオーダーし、

Yamada2あれやこれやと、楽しく話しながら曲の打ち合わせ。
さすがDJ.山田、CDJを操る姿がキマッてるわ。

あ〜なんてオシャPなひととき。
置いてあるフィギィアもいーかんじね。

さすがDJ.山田、女心わかってる〜、てな
山田の良い人柄がよく出てる優しいお店よ☆

人気メニュー、「お味噌汁」も今度いただきたいわ♪

シックで落ち着ける広い空間で散々好きな曲をかけてもらって、
大満足のピカモ事務局員でした。

今度は女子といこっと。

●YAMADA屋
大阪市北区堂山町8−23 サンヨービル2F
TEL:06-6367-0012
定休日/月曜日・LADY KILLER開催日

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

sakana at ♭.flamingo

おかきです。

さかなライブ。

Sakana

渡辺さんのお店フラットフラミンゴで見てきました。
キャパ30人ぎっしり満員の中とても気持ちのいい、
さかなの音楽も人柄もダイレクトに伝わる超近距離LIVE。
さかな見るのは久しぶり。
数年前に京都の磔磔で見たときはヴォーカルのポコペンが
妙にイライラしていて気の強い印象が残ったのですが、
今回はおくゆかしい、かわいらしい。
髪の毛くるくるもかわいい。

歌が始まったとたんフラミンゴにさかな世界が充満した。
その独特の声質と歌唱スタイルが西脇氏のまろみギターにからむとき、
微妙な位置での浮遊感を味わえるのがさかなの魅力です。
曲が進むにつれ双方リラックス度が増し
時間の感覚もあやふやになるくらい溶ろけだし
気がつけば2時間以上の演奏になってました。
終盤ポコペンの強気の一面が見えて
なんとなく少しほっとした。

yoshyちゃんが少し前のブログで
「お葬式にかける曲」てのを書いていたけど、
僕はさかなの「ロッキンチェア」なら成仏できそうな気がする。

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月 7日 (木)

丸飲みヘビニュース。

本日のエンタメニュース。

「羊を丸飲みのニシキヘビ、動けなくなり御用」(ロイター)
- 9月6日Yahoo!ニュースより
Hebiマレーシアで首都クアラルンプールから東に約200キロ離れた村で、
羊を丸飲みした体長6メートルのニシキヘビが路上で発見された。

お腹が重くて動けなかったらしい。

フォトショットはおマヌケだけど、丸飲みってかっこええ。


そういえば、一ヶ月程前も、ヘビの話題で
「ヘビと暮らす一家」がニュースで特集されていた。

アフガニスタンかどっかの国の一家の話で、
家に入ってきた、体調10cm程のヘビを子供が気に入り、
一緒に暮らすようになったそうだ。

そして月日が経ち、体調2m程のニシキヘビに成長。
ヘビは自分は人間だと思い、子供はヘビを弟だと思って
一緒に寝ているらしい。

へー。そんな事もあるもんだ。と思っていたが、

危険だ!!!
起きたらヘビのお腹の中ってことも近い将来あり得る。


いつも一緒に寝ていた、飼い犬に顔を食べられるというケースもあるそうだし、(その時睡眠薬を飲んでいて食べられていることに気がつかなかったらしい。)動物とは一緒に寝ない方がいいなぁと思いました。

獣!!!

にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

タワレコ倒産の影響。

こにゃにゃちわ。
ピカモ事務局のオフィシャルレディーyoshyです。

昨日はOLの特権、コバレ消費(古い)を謳歌し尽す為、
意気YOYOとアメ村のタワーレコード行きました。


どぎゃん。


「8/31を持ちまして閉店致しました。」との貼り紙が。


どーしてくれるんじゃ!!!
インドテクノも買われへんし、
フライヤー置かれへんやないか!!


アメリカのタワーレコードが倒産とはきいていたけど、
国内には影響はないんじゃなかったのか。

アメ村タワレコの周りの環境が悪すぎて、
ジャッキーチェンの「レッドブロンクス」状態になったのか。

Redレッドブロンクスのスーパーマーケットの女店長は後に酔拳2のジャッキーの母親役をしているが、
どーみてもジャッキーの方が年上だ。
ジャッキー映画はレッドブロンクス以降何かおかしくなったのだ。


そういえばおかきさんは
タワレコに面接に行った事があるらしい。
英語がしゃべれないだとかで落とされたらしい。
日常会話レベルで英語が必要なのか。
マクドナルドじゃあるまいし。
「テイクワンCDプリーズ!」とか言わないじゃないか。


こんなことを言っててもしょーがないので

しぶしぶ、隣のKINGKONGで
「オールディーズベストヒット!」を買って帰りました。
トホホ。


にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月 4日 (月)

お葬式とメタル。

昨日一昨日と、yoshy家長女のyoshyは遠い親戚のお葬式に刈り出されたのですよ。
のほほん気分で参加していたのですが、
式が始まるとさすがに神妙な雰囲気になるものです。

〜〜
ブアミダブアミダブアミダブアミダッ。

ポクポクとリズムを刻む木魚。

すると

「ンアーギッザーァァァァ〜。」

!?

筋肉少女帯のようなダーティーなボーカルが聞こえてくる。

なんとも朗々とお経を読み上げるお坊さんの声だった。
このお坊さんとても声が良い。

最初はわけわかんない、漢字の並んだお経だったのだが、
途中から現代語のお経に変わり、


「この世に〜〜〜ナンタラ〜〜〜おしゃまんべ〜〜〜」


なんて、低いビブラート聞かして唱うもんですから、
超メタルでおったまげました。

もしかしたら、メタルの発祥はお経かもしれません。

やっぱりお葬式はサウンドが命です。

面白い記事がありました。

お葬式ソングベスト10

このサイトからの引用ですが、国別投票では
ヘヴィメタ好きのドイツ人はメタリカの「Nothing Else Matters」。
イタリア、スペイン人はドアーズの「The End」、
ノルウェー人はフランク・シナトラの「My Way」。
とか書いてありました。

やっぱ、メタルだな。

ちなみに私がお葬式に聞きたい曲No.1は
私所属、スカイトロピカルガーデン
「デッドエンドクラスター」です。
では、40秒バージョンでどうぞ♪


にほんブログ村 音楽ブログ 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年9月 2日 (土)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »